紡 ―TSUMUGI―

menu

紡 ―TSUMUGI―

最近の投稿

古民家改修ワークショップ「寄宿舎の床貼り&そば打ち体験」+「安坂・夕暮れバル」のご案内

今回のワークショップは、通常の古民家改修作業「寄宿舎の床貼り」に加えて、プロのそば打ち職人に指導していただくことができる「そば打ち体験」とのコラボレーションです。指導をしてくださるのは、かさがた温泉せせらぎの湯の「せせらぎ亭」でそばを打ち…

古民家改修ワークショップ「寄宿舎の壁作り&おくどさんで炊いたご飯のおにぎり+お味噌汁」のご報告

本格的に始まった寄宿舎2階の改修作業。今回は3つに別れた部屋に壁を作る作業です。前回立てた柱の間に筋交いを入れて、合板で壁を作るところまで進めました。今回は、多可町への移住を検討しておられる二組のご夫妻も参加してくださり、今後、自分たちで…

第2回 「播博」播州織写真展のご報告

今回で第2回目となる西脇市の播州織産地博覧会~「播博」。「ばんぱく」という名称ですが、漢字を見て分かるように、西脇・多可の地場産業である播州織のことをPRするための博覧会で、播州織工房館周辺の空き店舗などを活用して来場者が街なかを買い物をし…

ふるさとづくり青年隊事業「空き家見学会」のご報告

昨年度に引き続き、今年度も公益財団法人 兵庫県青少年本部「ふるさとづくり青年隊」のご支援をいただくことになりました。 今年度の紡の取り組みのテーマは、「空き家マルシェ」。人口減少と空き家増加の問題は日本全国の地方自治体の課題ですが、多…

第2回 「播博」で播州織写真展を開催

5月26日(日)10:0~17:00まで、旧来住家住宅周辺の中心市街地空き店舗を会場に第2回播州織産地博覧会~「播博」( ばんぱく)が開催されます。 紡も参加させていただき、2017年11月23日に多可町の旧古来悟織物工場跡で開催した「多…

古民家改修ワークショップ「寄宿舎の壁作り&おくどさんで 炊いたご飯のおにぎり+お味噌汁」のお知らせ

2019年11月23日(土)に、町内の複数の空き家を活用して模擬店舗を出展してもらい、空き家の利活用の提案やまちの魅力を発信する事業「空き家マルシェ」を行うことになりました。 今後開催する古民家改修や空き家の大掃除ワークショップなどは、「…

第24回「壁作りと床板張り&鶏ごぼうご飯+かきたま汁」のご報告

こんにちは! 今回は、2年目となる記念すべき第24回のワークショップのご報告です。 今回は、寄宿舎の2回部分に新しい壁をつくります。 この部分は以前はふすまになっていましたが、新しい柱を2本立てて、さらに壁を作っていく作業です。 ま…

  • 2019
  • ふるさとづくり青年隊事業「空き家見学会」のご案内 はコメントを受け付けていません。

ふるさとづくり青年隊事業「空き家見学会」のご案内

久しぶりのツアーのご案内です! 昨年度もお世話になった、公益財団法人 兵庫県青少年本部の「ふるさとづくり青年隊事業」。今年度は、秋頃に多可町内の空き家を使って「空き家マルシェ」という取り組みを行うことになりました。多可町のみならず、日…

第24回「壁作りと床板張り&鶏ごぼうご飯+かきたま汁」のご案内

4月のワークショップのご案内です。通常は3週目の土曜日の開催でしたが、今回は4週目の開催となりますのでご注意ください。 今回のワークショップは、雨漏りをしていた屋根を直し、傾いていた2階部分の床の水平を直した床への床板張りと、室内の仕…

第23回「古色塗り&豚汁+お漬物」のご報告

第23回目のワークショップは、中山塗装の中山さんを講師にお招きして「古色塗り」体験を行いました。初めての参加者もたくさん来てくださり、とても賑やかな雰囲気の中での開催でした。 古民家は長年の時間と、かつて室内にかまどなどがあったために煙で…

さらに記事を表示する

こころのふるさとへ帰ろう

紡 —TSUMUGI—は、兵庫県多可町を中心に古民家の再生とその活用を通して地域の活力を取り戻すことを目的とし、古民家再生プロジェクトや古民家等を使った創業支援に取り組んでいます。

Let’s Return Home to One’s Spiritual Hometown

Tsumugi is a community-led project based in Taka-cho, Hyogo Prefecture, that assists those seeking to restore and reutilize traditional Japanese houses in order to rejuvenate the area.

紡 ―TSUMUGI―

紡 —TSUMUGI—ワークショップの記録

多可・播州織のふるさと写真展

多可・冬のホタル2018